kiginikki

kiginikki

2016/09/26


nitteさんの商品の中でも個人的に大好きなシャツ生地、今回も登場しています。
他の生地に比べると、抑えた配色の色合いなので、
見過ごしてしまう感じがあるのですが、
そんなことはなく、どれか一つをじーっと見て、
生地の裏をめくって見たりすると、緻密な織りの糸の行き来が、
丁寧に作られた、上質な生地だということを教えてくれる。

ドイツ製なので、もしかしたらドイツに、
この生地のシャツを着たおじいさんが犬の散歩をしているかもしれないし、
髪を切られているかもしれないし、誰かの髪を切っているかもしれない、
ピザを食べているかもしれないし、誰かにピザを作っているかもしれない、
でもそんな遠いどこかのことではなく、なんだか親近感をが沸くこの生地は、
自分の祖父や親戚のおじさん、はたまた芸能人の顔も思い浮かんで、
いくつかの生地には、銀二、正男、健。善市、進、などと幾つか名付けてみました。
ぜひシャツ生地の前で思いを巡らせてくださいということを言いたかったのです。
今週もありがとうございました。

2016/09/25

久しぶりに晴れました。
ただそれだけで朝から嬉しい日曜日、
店内ではスカート作りのワークショップでした。

着るものと考えると、さらにそれがスカートとなると、
こんな生地もいい、あんな生地もいいかもしれない、
と視界が広がります。鏡の前でファッションショーをした後は、
ひたすら縫う、縫う。

そして、出来ました!

じゃじゃんっ!


もともと生地にあったボタンをを新しく付け替えたり。

生地の模様に合わせてタックの分量を変えたりもしました。
大久保さんが用意してくださった、
ベルトが最後の後押しをしてくれるかのように、
全体を引き締めてくれています。
折りたたんだ時のふわっとした感触に、
手縫いの温かさを感じました。
深く集中した後に、ちゃんと充足感もある。
ご参加くださいました皆様、ありがとうございました。


スカート作りのワークショップは、
nitteさんのフェア中、もう一度、10/7(金)にも行います。

nitteさんのフェアは、10/10までの開催です。
毎日模様替えをしていますが、毎日発見があります。
今日はボタンを集めて。

2016/09/23

nitteさんのフェア、始まりました。
早速お越しくださいました皆様、ありがとうございました!
時々雨、時々曇りという天気も相まって、
皆さんがゆっくりじっくり時間を過ごされている印象を受けました。

レジに持って来てくださる商品を見て、
こんな生地があったんだと、再発見しています。
お渡しする前に、さっと隠し撮りした、
ほんの一部をご紹介させていただきます。













そして、期間中開催するスカート作りのワークショップ、
当日にならねばどんな生地ができるか分からない、という、
ちょっとスリリングな内容ですが、
9/25の回は満席、10/7のみただ今募集を行っております。
スカートになるとこんな雰囲気です。
使用するピローケースの生地は、
四角の中に模様の強弱があって、
スカートに仕立てると、裾部分に模様が集まるようになったり、
両脇に模様が連なるようになったりします。







カットクロスコーナーには、
小さな矩形の中にも、模様がダイナミックに踊っています。
はて、どうしようか・・・と、ふと視線を反らしたその先にも、
目に留まる生地があったり、見入ってしまうと、加熱する一方です。

/////////////////////////////////////

nitte in 木木

2016.9月22日(木・祝)-10.10(月・祝)
11時-18時 火曜水曜定休
http://www.nitte-manon.com/

/////////////////////////////////////

2016/09/21


















明日から始まるnitteさんのフェア中の

ワークショップのご案内です。

様々なヴィンテージ生地が揃う中、

お気に入りの生地を選び、手縫いでスカートを作ります。
ミシンで縫う時とはまたひと味違って、
一針一針手縫いの作業は、自分のペースで地道に進んでいきます。
ふと、こんな時間久々だなあと振り返ったりもします。
小物とは違って、縫うところもなかなかだぞ、ということで、
なんといいますか煩悩までもが削ぎ落される時間が流れると思っています。
写真は、手持ちの生地で大久保さんに教えを受けながら
作ったものです。生地を真っ直ぐに見る、縫い代を計る、
作業の一つ一つが如何に大事かということ、
見えないことが見える部分を大きく支えていること、
その日は、特大スルメを噛みしめる勢いで、
手縫いの奥深さを味わって帰ってきました。

一点ものの生地ばかりですので、同じ作業の末、

まったく違うものが出来るというのも面白いところだと思います。
縫い物が初めてという方でもご参加いただけます。

【開催日】2016.9/25(日)、10/7(金)

【参加費】講習費 3,500円+生地代1,600円〜(税別)
【定 員】4名さま
【講 師】大久保晴江
【時 間】13時から16時半
【持ち物】はさみ(布や糸を切ります)

参加ご希望の方は、お名前、電話番号を明記の上、
mail@ki-gi.infoまでご連絡ください。
※9/25は満席となりました。

メール確認後、2日以内に返信をさせていただきます。
受信制限をされている場合は、送信アドレスからのメール
受信できるよう設定をお願いいたします。