kiginikki

kiginikki

2018/05/22

先週金曜日からお休みをいただいております。
恥ずかしながら、ぎっくり腰part1、part2と続けてなってしまい、どうにも動けませんでした。
こちらの方でお知らせができておらず、申し訳ございません。
快方に向かっており、今週5/24(木)より営業いたします。

5/25(金)は、勝手ながら14時からの営業とさせていただきます。
宜しくお願いいたします。

2018/05/14

店内でときどき開催しているハンドニットの会。
毎回、これを編みましょう、と決まっているわけではなく、
皆さんそれぞれ編みたいものを編んでいただいているのですが、
メニューに、ついに着るものが加わりました。新しい風です。

大久保さんがせっせと編んでくださったサンプルです。
写真は半袖ですが、長袖もできます。
糸はsaredoさんのコットンで、写真の紫以外にも、
5色からお選びいただけます。

着るものは、なかなか時間もかかりますが、
でも、コツコツと続けていくだけの価値があるというか、
完成してからも続く温かな時間が待っています。
一日の時間内で終えることはできませんので、
自宅で編んでいただく部分が多いのですが、
そのぶん、自分のペースで進めていただけます。

6月の開催日は、9日(土曜)と、25(月曜)です。
【時 間】各日11時-13時半
【参加費】2,484円(税込)+糸代

参加ご希望の方は、お名前・お電話番号・編みたいものを明記の上、
mail◎ki-gi.infoまでご連絡ください。(◎→@マーク)
※初めての方はその旨お知らせください。

●ハンドニットの会のことをまとめたもの→
●これまでの様子→

2018/05/12

ハンドニットの会の日。
お天気にも恵まれ、気持ちよい風が通る中、
好い時間が流れていました。
夏の帽子、夏のバッグ、毛糸の靴下と、
皆さんそれぞれ編みものと向き合っていらっしゃいました。
ご参加くださいました皆様、ありがとうございました。



店内の糸の棚の一部は衣替え。
夏糸も少しずつ入荷しております。
私はどちらかというと、夏糸の方が好きです。
ダルマさんの糸でも、SASAWASHIとか、GIMAとか、
マテリアルコードとか、面白い素材が沢山あります。
ラフィアもどちらというと夏糸ですね。
編んだすぐ傍から、かっちりとした編み地が生まれ、
一本の糸がすぐに変身していく様子が面白く、
編む気持ちも後押しされます。

ロニークさんのデザインが素敵だな~と本を眺めながら、
表紙のバッグを編んでいます。
引き上げ編みの交差、楽しいです。
家の中でも、外でもよく持ち歩いて編んでいます。
バッグはある程度形になったら、物を入れられるのがいいところ
財布入れになったり、お弁当入れになったりしながら、
バッグは編んでいる時から既にバッグの役割を担っています。
それと、SASAWASHIの糸を中に入れながら編むと、
コンパクトでよい感じです。

店頭では、SASAWASHIの新色も合わせてご紹介しています。
夏の編み物にぜひ。

奈良のsaredoさんの糸もいろいろ揃いました。

種類も色も豊富で、紹介しきれないくらいなのですが、
少しずつ、なんとなく、今はこういう色どうかな、というものを
選ばせていただいています。
今回は「りりり」というリリヤン状のふっくらとした形状の糸を
多くご紹介しております。
綿×絹の靴下・tatouも合わせて入荷しました。
こちらもお薦めです。自分用にも贈り物にも。

2018/05/11

お天気続きのゴールデンウィーク。
後半は、お休みをいただいてしまいましたが、
無事に田植えも終わり、
自分の体もリフレッシュして帰ってきました。
実家にいた頃は手伝っていたのですが、
あの時と同じことをしても、今でなければ判らなかったなあ、
ということをなぞる時間となりました。
戻ってきてからも、ああ、この風はきっとあの田んぼに繋がっているんだわ、と、いちいちおセンチになってうっとり。そうこうしているうちに、ぎっくり腰になりました。
田んぼで聴いた蛙の鳴き声が、今では笑い声のよう。恥ずかしくて実家には言っていません。
この痛みもあの田んぼと繋がっているのだと感じながら、よちよち歩いています。